« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

鳥になった王さま 10

「ソラト、もう泣くのはやめなさい。僕とカイムさんを見てごらん。君よりも、ずっとずっと長生きだけれども、いまだに悪魔をしているではありませんか。」

そう、一角獣がいうと

「さよう。わがはいたちはもう、とうの昔に天へ帰ることを諦めてしまった。しかし、あなたはまだ諦めていないのだ。その点だけでも、わがはいたちより遥かに立派ではないか。なあ、アムドゥシアス。」

と、カイムと呼ばれたツグミもうなずきました。

でも、ソラトはふるふると頭を振っていいました。
「お二人は例え悪魔に堕とされている身であっても立派な方です。カイムさまはその雄弁で名を馳せておられますし、アムドゥシアスさまは世に並ぶ者のない音楽家ではありませんか。でも、わたしはだめな悪魔なのです。天使にも戻れず、悪魔のままでもいられない、だめな悪魔なのです。」

涙を流し続けるソラトをなぐさめながら、ツグミも一角獣も口をそろえていいました。

「彼女のような清い心の持ち主が下界で涙を流しているというのに、天には見た目や素性ばかりを気にする阿呆どもがのさばっている。なんとも理不尽なことではないか!!」

王さまは、その言葉を聞くとたまらなく悲しくなりました。ソラトという悪魔は、王にも戻れず、鳥のままで生きていくことも出来ない自分と同じだと思いました。

そして、知らない内に泣いている自分がいるのに気がつきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ため息しか出ない。

蒼天は車の傘の如く         世界を覆う蒼い天は馬車の丸い傘のよう 

陸地は碁盤に似たり         広がる大地は碁盤に似ている

世人には黒白の分かち有りて    世の中の人には黒と白との区別があって 

往来して栄辱を争えり        行ったり来たりしながら互いに成功を競い合っている

栄うる者は自ずから安らかに     勢いに乗った人は何もしなくても富み栄え

辱めらるる者は定めて碌々たらん  虐げられた人はみんな碌でもない境遇に落ちていく

                                                      超意訳

 

 

もう、がんばれない気がしないでもない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ばらばら事件

Photo りーち、いっぱつ、どら12

 

 

 

実力って怖いですね(うそ)。もろなおです。こんばんわ。Photo_3

 

Photo_2 

 

 

バラの花獲得したよ!(o^□^o)

あげる人いないけど( ゜ρ ゜)

 

もったいないから、しこくさんにあげました。

 

あと、@ゲームのアバターのセルフィっていうの飼いましたよ。

餌あげてください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今日の映画

腰痛てーーーーーーーーーーーーーー!
                  Σ((`д´)

こんばんわ。超腰痛いです。

先日DVD借りにいったら、学生時代に超好きだった映画

『リストランテの夜』(BIG NIGHT)1996/アメリカ のDVDがあったんですよ。

「初DVD化」って書いてあって日本語吹替が入ってるっぽかったので

吹替大好きっ子のもろなおは喜び勇んで借りました(o^□^o)

 

 

こちらの作品には日本語吹替が収録されていません

                           えー・・・( ゜ρ ゜)

 

 

 

でも、見てみたらちゃんと収録されてた。

ティンパーノたべたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ばれんたいん

 

バレンタイン(Valentine)ってカトリック教会の聖人から外されてるらしいですよ。

理由?

実在したかどうかわかんないから。

サンタさんはちゃんと聖人なのにね。

 

そんなことはさて置き、こんばんわ。

ここ数日、ブログの更新も忘れてカカオの収穫に精を出していました。Photo

 

 

・・・すげー混んでた。みなさん浅ましいですね!(o^□^o)

 

一人称「あたち」とか言ってるふざけた子に、色々混ぜてもらったら

Photo_2

 

←ケーキができました。

 

ええっ・・・渡せないよ・・・

はずかしくて・・・ キャッ(*ノдノ* )

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo_3

メールで送りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朱雀鯖へ旅行

昨日から対人恐怖症です!(o^□^o)

こんばんわ!

 

閑静で上品な朱雀鯖を旅行してきました。

異国情緒溢れる品も見つけました。

2_3 もろなお:これください
店主:好!是好的爱好
もろなお:?
店主:想要这块石头吗?
もろなお:?

お土産に買おうと思ったけど言葉が通じなくて買えませんでした。
                                 ( ゜ρ ゜)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クラスチェンジ

もろなおはクラスチェンジしました。

2/8

もろなお

職業  明るく元気ないい子

元気   82/100
やる気  90/100

   

2/9

もろなお

職業  いらない子

元気    2/100
やる気  10/100

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

うさぎを飼いました

うさぎを飼いました。

畑のにんじんをマウスでドラッグすると食べるので

たくさん食べさせてください(o^□^o)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

レベルが上がりました 42→43

Photoはろう警報発令。

初心者の中の初心者もろなおです。

幟の大きさだって誰にも負けない初心者です( ´ ▽` )ノ

 

昨日はお休みだったので近年稀に見るがんばりで狩りを

・・・しようと思ったらメンテだったΣ((゜□゜*)

 

でも、がんばるよ。

なんで?

いい子だから。

Photo_2

←幼馴染の○るまさんとブチュネバを狩るもろなおの勇姿

 

Photo_3

←はりねずみもぬっころしました。

 

 

そしたら一年半ぶりくらいに陰陽師のレベルがあっぷ!

42から43になりました。

その後、お城に戻ってショッキングな光景を目にしたので寝ました。おわり。( ゜ρ ゜)  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鳥になった王さま 9

黒いお城の中へと入った王さまは、不思議なことに気がつきました。
外から見たときは不気味で恐ろしげに見えましたのに、実際に入ってみるとお城の中は明るくてぽかぽかと暖かく、とても僧侶たちのいう、恐ろしい悪魔が住んでいるようには見えないのです。
王さまは、ずっと飛び続けて疲れておりましたし、そのお城も柔らかい毛布のように王さまの体を優しく包みこみましたので、少しだけ眠ることにしました。

しばらくして、目を覚ました王さまの耳にはどこからか話し声が聞こえていました。
それは、少女と二人の男の声で、泣いている少女を男たちがなぐさめているようでした。

王さまがその声のするほうへと進んでいきますと、大きな扉に突き当たりました。
どうやら、話し声はその扉の向うから聞こえてくるようでしたので、王さまは扉を少しだけ開けて中をのぞきました。
すると、そこには真っ白なドレスを着た少女と、バイオリンを持った一角獣。そして、軍服を身につけて腰にサーベルをぶら下げた一羽のツグミがいたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ねこが行方不明

質問の多いやつは間違いも多い!

ってシュバルツコルムの製粉所の親方が言ってた。

 

こんばんあ。

昔、ねこが行方不明って映画がありましてですね

・・・今はおっぱいが行方不明になったみたい。

Photo

 

 

 

 

仏山って雲夢平原の下のほう?でしたっけ?( ゜ρ ゜)

自分で言ってて分かってなかったのは内緒。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

寝る前の日記(立春)

昨日が節分だったから、今日は立春ですね。

節分の次の日は立春なので今日から春です
                        ((`○´#)

 

・・・そんなことどうだっていい。

こっち(関東)は近年稀に見る大雪でした。

 

雪で滑って2回ほど転んだりもしたけれど、私は元気ですヾ(*^▽^*)ノ

 

Photo_2

 

←うちの実家のぬこは鬼をしてました。

 

 

 

・・・そんなことはさておき、

ショーン・オブ・ザ・デッド』(Shaun of the Dead) 2004/イギリス を見ました。

コメディ部分と真面目な部分の落差が激しくて全もろなおが泣いた。
                          。゜゜(´□`。)°゜。

この監督さんの新しい映画が日本映画界から完全スルーされてるらしいので

応援してあげてください。

もろなおとの約束だよ( ゜ρ ゜) 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鳥になった王さま 8

小さな川と大きな河を七つと七つ、
小さな海と大きな海を七つと七つ、
小さな野原と大きな野原を七つと七つ、
小さな砂漠と大きな砂漠を七つと七つ越えました。

それでも、悪魔の住むという城はいっこうに見えてきません。
二人はだんだん不安になってきました。もしかしたら、あの老人も自分たちのことをだましたのかもしれない、そう思いました。

七日七晩飛んだ夜、大臣は悲しそうな声で
「王さま、もどりましょう。もう、ここがなんという場所なのかすらわからないではありませんか。わたしはもう死んでしまいそうです。どうせ死ぬのであるなら、もとに戻れなくても、家に入れてもらえなくても、せめて、見知った土地で死にたいと思います。」
と、いいました。
その時、はるか遠くに大きな山が見えましたので、王さまは
「あの山まで飛んでみよう。あの山を越えて何も見えなかったら、お前のいうとおり国に帰ろう。」
と、大臣をはげましました。

その山を越えた時、はたして王さまの眼に真っ黒なお城が映りました。
「あれが、悪魔の住む城だろうか?」
そういってふりかえった王さまの後には、今越えてきたばかりの山だけがありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寝る前の日記(節分)

今日は節分ですね!

節分の次の日は立春なので明日から春です
                         
((`□´#)

節分は季節の節目なので、実は年に四回あるのは内緒。 

 

Photo

←あなたの知らない世界

 

 

 

明日大変だからねんこー( ゜ρ ゜)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »