« 最近日記 | トップページ | 鳥になった王さま 16 »

鳥になった王さま 15

一月ほどたったある夜。王さまは夢を見ました。

 

その夢では、あの城のなかで三人の悪魔がなにかをまっているのでした。
しばらくすると、トランペットを持った猫をしたがえたカエルがやってきて、三人にいうのでした。

「ビレトさまからのお知らせだ。悪魔ソラトは本日付で天に戻ることが許された。出発の支度ができしだい、わたしの城へくるがよい。」

カエルの口上が終わると、猫たちはいっせいにトランペットを吹き鳴らし、口々に

「おめでとう、天使ソラト。」

と、いいました。
悪魔たちは、知らせを聞くと立ちあがって王さまの方におじぎをし、ゆっくりと消えていきました。

三人が消えた後、王さまがぽつんと一人で立っておりますと、そこへやってきたのは大臣でした。
王さまが口を開くよりも早く、大臣は

「ソラトさまがわたしも天国につれていってくれるそうでございます。わたしもかねてからいきたいと思っていた場所ですし、お言葉に甘えることにいたしました。王さま、次にあなたにお会いするのは、もうずっとずっと後のことになりましょう。さようなら、王さま。天国でおまちしております。」

と、わかれをのべて消えていくのでした。

 

王さまは、泣きながら飛び起きると、バルコニーに走り出て叫びました。

「まってくれ、大臣。わしもつれていってくれ、おいていかないでくれ。」

じきに王さまの声におどろいたお妃や夜警の兵士たちが何事かとあつまってまいりましたが、王さまはそれにかまわず、一晩中泣きつづけました。

|

« 最近日記 | トップページ | 鳥になった王さま 16 »

よくわからない何か。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/525287/21816116

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥になった王さま 15:

« 最近日記 | トップページ | 鳥になった王さま 16 »