« 宇都宮餃子について | トップページ | 主殿頭が無用の殺生をする話 2 »

主殿頭が無用の殺生をする話 1

今は昔のこと。

主殿頭※1で源章家とかいう人がいた。
武士の家の生まれでこそなかったが、その性の残虐非道なことと言ったら
毎日生き物を殺すのを楽しみにするような有様で、普通の人には考えられ
ないようなことをすることも度々あった。

  ※1主殿頭(とのもりのかみ)
  宮中内裏の調度品や消耗品を管理する主殿寮で偉い人。でも貴族としてはあんまり偉くない。

|

« 宇都宮餃子について | トップページ | 主殿頭が無用の殺生をする話 2 »

もっとわからない何か。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/525287/24997687

この記事へのトラックバック一覧です: 主殿頭が無用の殺生をする話 1:

« 宇都宮餃子について | トップページ | 主殿頭が無用の殺生をする話 2 »