« 文字 | トップページ | ちるの。 »

なんか怖い話

松嵜藩江戸詰め、富士野忠義殿より聞いた話。
元禄2年1月2日、松嵜藩右筆130石、桧山嘉衛門とかいう者の家でのこと。

 

嘉衛門、親類縁者集って年賀を申し述べる折り、三人の倅を呼び寄せてそれぞれに
竹矢二本を与えて「お前たちはこれをどうしようと思うか」と訊ねた。

長男は「古い言い伝えには聞いたことがあるが、一本矢が足らないようだ」と
笑いながら二本を束ねて折った。

次男は「日本を折るなど。正月から父上がそのような不吉なことは申すまいに」と
両手で捧げ持って父の前へと戻し納めた。

三男「兄上たちは馬鹿者だ。三人に二本、こうするべきものを」。
逆手に取ってそれぞれ長男次男の首筋に打ち立てた。

その場に居合わせた者は皆あまりの出来事に仰天して
「これは気でも狂ったか」と三男を取り押さえようとしたが、三男刀を抜いて振り回し
おいそれと近づくこともできない有様。

どうしようもないので皆座敷から庭へと降り、その様子を伺っていると
三男「神さまが俺の鼻は真を嗅ぎ分けられぬ。そんなものは削げとおっしゃる」
と叫び自ら鼻を削ぎ落とした。また
「神さまが俺の耳は真を聞き分けられぬ。そんなものは削げとおっしゃる」
「神さまが俺の舌は真を語られぬ。そんなものは削げとおっしゃる」
と獣の様な叫びを上げながら次々と削いだ。

さらにはまた、吼えた挙句に自分の目を突こうとするので、騒ぎの内に忍び寄った
下人二人が屏風を突き被せてやっとのことで取り押さえた。

早速医者を呼びにやったが、三男はそのまま息絶えてしまった。

当の嘉衛門はその騒ぎの最中、一人門の外へと出て行ったと言う者があったが
結局、今に至るまで行方は知れずじまいだということだ。

                      『綾志野採談 31段 桧山嘉衛門の三男乱心のこと』超意訳

 

 

 

 

 

すみません、今何となく捏造しました。( ゜ρ ゜)

 

|

« 文字 | トップページ | ちるの。 »

有象無象」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/525287/31363384

この記事へのトラックバック一覧です: なんか怖い話:

« 文字 | トップページ | ちるの。 »