« だんとつで世界一 | トップページ | はるみねーしょん風 »

Mのモデルについて

こんにちは!

モリアーティー教授です。

うそです。

 

お仕事に出かけたら「きみは今日お休みだ」と言われたので帰りました。( ゜ρ ゜)

仕方ないから『シャーロックホームズ(Sherlock Holmes)2005/アメリカを見てきました。

感想
・ジュード・ロウがホームズだと思ってた。
・だから当然ロバート・ダウニーJr.がワトソン君だと思ってた。
・逆だった。
・ホームズが鬼のように強くてびびった。
・ワトソン君も鬼のように強くてびびった。
・単なる戦闘員だと思ってた大男も鬼のように強くてびびった。
・スタンガンみたいな棒が超強くてびびった。
ぶっちゃけ続編のためのプロローグですよね。←ねたバレ
最後まで黒いままのモリアーティー教授万歳。←ねたバレ

全編びびりっぱなしでした。( ´ ▽` )

ところでモリアーティー教授のモデルなんですが、ニーチェっていう説が
色んなとこに書いてあってびびった。

Photo_2  もろなおは左の本の影響でアダム・ワースっていう人が
モデルになったんだと信じ込んでました。
っていうか、ニーチェよりアダム・ワースの方が天才犯罪者っぽい。
実際そうだったんですけれど。

 

 

 ニーチェは後半、ちょっとおかしくなって

「皇帝になった。・・・気がする。」とか口走ったり
たまたま通りかかった馬車のお馬が鞭打たれるのを見て、号泣しながら
「やめろー!お馬さんのライフはもうゼロだ!」とか叫んで気絶したり
変な手紙を友達に送っちゃうような方です。

    ↓変な手紙

私が人間であるというのは偏見です。
…私はインドに居たころは仏陀でしたし、ギリシアではディオニュソスでした。
…アレクサンドロス大王とカエサルは私の化身ですし、ヴォルテールとナポレオンだったこともあります。
…リヒャルト・ヴァーグナーだったことがあるような気もしないではありません。
…十字架にかけられたこともあります。
…愛しのアリアドネへ、ディオニュソスより

まあ、狂気があったからこそ、理性に囚われずに哲学できたのかもしれない。

ツァラトゥストラしか読んだことないからよくしらん。( ´ ▽` )

|

« だんとつで世界一 | トップページ | はるみねーしょん風 »

有象無象」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/525287/34190431

この記事へのトラックバック一覧です: Mのモデルについて:

« だんとつで世界一 | トップページ | はるみねーしょん風 »