« 今日の長陽美人 5 | トップページ | 男子高校生まつり »

原油事故大変

本日のこの時間は、『大黒さまと大国さま -ふたりの一番星-』の予定を変更して

『メキシコ湾原油流出事故』についての特番をお送りします。(`ヘ´ )

 

これまでのあらすじ

メキシコ湾の海底油田から、原油をちゅーちゅー吸い出していた
石油堀削施設ディープウォーター・ホライゾンが爆発炎上。

何千メートルもある堀削パイプが折れちゃったから大変。
原油がぼこぼこ海中へ流出し、ありとあらゆる生物を巻き込んで
世界へと広がりだしたのだった。

施設を保有する超巨大企業BPは『トップキル作戦』により
海底油田そのものを封じ込めようと作戦を展開。

当然失敗した。

米国「全部爆破して地形変えてやろうか」
世界「みんな超困っているので早く何とかしてください」
日本「わー、お魚がみんな死んでしまう」

BP「今、一生懸命考えているところだから。まって。」

まてない。

注目のポイント

・ものすごい深いところで原油がものすごい勢いで出てる。
 1000気圧くらいの勢い。(鉄とか切断するジェット水流が3000気圧)
 
なので、上からいろんなもの被せても押しのけて出てきちゃう。

・原油が噴出してる場所が増えた。
 流出原油の予想量より、回収した原油の方が多くなった。

・BPは超大きい優良企業だったのでいろんな国が年金とか銀行預金とかの
 運用先として利用してた。

・三井グループも採掘権を持ってるので責任問題になってる。
 BPから「ちょっと100000000ドル出せ」って言われた。

・一説によると原油の成分がどんどん気化して大気中に逃げて変な雨が降った。
 アメリカ南部の農場の作物とか超枯れ始めたところ。

・ハリケーンで原油が巻き上げられてアメリカ本土に降っちゃう。

色々ありすぎるのでおわり。

 

分かりやすく例えた今までの経緯

|

« 今日の長陽美人 5 | トップページ | 男子高校生まつり »

社稷について考える」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/525287/35626509

この記事へのトラックバック一覧です: 原油事故大変:

« 今日の長陽美人 5 | トップページ | 男子高校生まつり »