« ガンダム見に行った | トップページ | ひみちゅ! »

神鵰俠侶まつり

こんばんぶーーーーーーーーーーーう!

後半の音?おならじゃないですよ。なに言ってるんですか。(`ヘ´;)

 

もろなおが今のところ三番目くらいに好きな金庸武侠ドラマの一つ
『神鵰俠侶』のあらすじがあったので、こっそりと貼っておきます。

とりあえず4巻~7巻のあらすじをな!Σ((゜□゜*)

もろなおのお気に入り登場人物

李莫愁(り ばくしゅう)
失恋したっていう理由で幸せそうな男女を見るとぬっころしたくなる
変なお姐さん。 「愁(うれ)い莫(な)し」っていう意味らしいよ。

黄薬師(こうやくし)
桃花島からやってきた当代随一のへんくつ。別名は「東邪」。
気に入らない相手がいるととりあえずぬっころします。
でも、たまにやたらと優しい。

公孫止(こうそん し)
女の人が好き・・・何よりも・・・。女の人のためなら即死できる。
でも、もろなおは微妙に好きです。ひげが。

金輪国師(きんりんこくし)
目が怖い。ファンネルみたいなの飛ばしてくる。好きです。

周伯通(しゅう はくつう)
身体はじじい、心は子ども!

・・・主人公?あんな生意気な子なんてしらん。( ゜ρ ゜)

中華文化圏ってやたらと金庸先生の影響受けてるので、当然台湾育ちの
飛天おんらいんも影響受けてるわけですよ。たぶん。

盗賊の心得にある「凌波微歩」とか。
デモムービー②の天人さんが二人してくるくる回るシーンは神鵰俠侶の
玉女素心剣法のオマージュに違いない。

あと、庶民組は丐幇の仲間。間違いない。(`ヘ´;)

|

« ガンダム見に行った | トップページ | ひみちゅ! »

有象無象」カテゴリの記事

飛天おんらいん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/525287/36453222

この記事へのトラックバック一覧です: 神鵰俠侶まつり:

« ガンダム見に行った | トップページ | ひみちゅ! »