« 豆まきの準備の練習 | トップページ | くろねこオンライン »

バーバ・ヤガーの日 2

今日(1月25日)もバーバ・ヤガーの日です。

 

3アマゾンから2巻が届いたので超読みました!(´ワ`)

表紙は当然みんなの犬丸ほのかでした。

・・・犬丸パンツ見えてるよ。(´-`)

感想
・1巻に輪をかけたような犬丸のやばさ加減がすごい。
・こっからどう捻ってくるのか続きが超気になる。
・映画に向いてると思った。

 

42巻のベスト犬丸。

「ミゾロギさんを通じてしか
世界はほのかと関係のあるものにならない

信号の赤が 林檎の赤が 血の赤が

役割を持たされるまではただの「赤」で
意味がないみたいに」

 

 

民話マニアもろなおがこれまでに知り得た山姥話で
だんとつで恐ろしかったのがネイティブアメリカンの昔話に出てくる
山姥だったんですが、さっき一生懸命調べた結果、名前だけ判明しました。

「鬼ばば ウトルンタ」

うろ覚えウトルンタ
・普段は超やさしいお婆さんで女の子の髪の毛を梳いてくれる。
・女の子が寝ると爪でこっそりお腹を裂いて肝を食べる。
・爪が鋭いので傷は残らない。
・肝を食べられた女の子はだんだん衰弱して死んじゃう。
・あんまり恐ろしいのでみんなで退治することにする。
・落とし穴に落として弓で攻撃しても全く効かない。
・最後どうやってやっつけるか忘れた。

たしか「人間の肝が食べたい。ス・サイ、ス・サイ」っていう歌を唄う
場面があって、その歌詞が頭にこびりついて離れなかった。
あと、落とし穴に落ちて本性現す場面の挿絵がものすごい怖さでした。

犬の散歩の途中で思い出して、怖くなって走って帰ったのは怖い思い出です。

                           (≧へ≦)<いい思い出ではない


偕成社の「世界の昔話 アメリカの昔話」に収録されてるらしいんですが
ちょっとネットで調べてみたら微妙に高かった。

実家の書庫にあるような気もするからなかなか買う気になれません。(≧へ≦)

 

鬼ばばウトルンタについてご存知の方はご一報ください。まじで。

|

« 豆まきの準備の練習 | トップページ | くろねこオンライン »

有象無象」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/525287/38597482

この記事へのトラックバック一覧です: バーバ・ヤガーの日 2:

« 豆まきの準備の練習 | トップページ | くろねこオンライン »