« うさぎぎぎぎぎぎぎぎぎ | トップページ | 更新するの忘れた »

朝霧の巫女

朝霧の巫女のあらすじ

なんかいろいろあった。
最終的にもちさすらいうしなったので「なかったこと」になって
元に戻ったのでよかった。ということだと思います。たぶん。

あんまり真に受けないでください。
だってもろなおだもの。

 

1_4日本まんが史上稀に見る真面目巫女漫画という説が
もろなおの中でささやかれてきた伝説の漫画である
『朝霧の巫女』の最終巻がちょっと前に出ていたので
もろきんに書こうと思ったのですが思ったりしただけで
当然のように放置していたのでいまさらなんですが
おめでとうございますと言いたいです!
まじでおめでとうございます!

 

朝霧の巫女で一番かっこいいのは天津彦根神(あまつひこねのかみ)だと思うのですよ。

1_5 2_3 3_2

 

 

 

 

 

 

縄文土器に目が一個ついてるような天津彦根神の勇姿。
主人公の忠尋くんの右手にくっついてるミギーの一種で超強い。
普段は左眼孔の中で目の代わりをしてる目玉の親父です。

「子の所願に応えてやるのも氏神の勤め」
「霊験威光を疑われては我が名に泥塗る恥なれば」

っていうセリフが超かっこよくてしびれる。(╹◡╹)

 

4_2最後の最後までかっこいい彦根神。

彦根神が活躍する場面を2倍くらいにしても
みんな納得すると思います!

いろいろあった漫画ですが
無事完結してくれて本当によかった。

|

« うさぎぎぎぎぎぎぎぎぎ | トップページ | 更新するの忘れた »

有象無象」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/525287/52633531

この記事へのトラックバック一覧です: 朝霧の巫女:

« うさぎぎぎぎぎぎぎぎぎ | トップページ | 更新するの忘れた »