み ん ぞ く

愛甲郡の狩猟(神奈川県) 2

ヤウケすると「ウア」と声をあげて倒れる。前足のつけねの少し下をねらう。
その辺に当たると、いいホンツケだという。下腹だと、どこまでも逃げる。
腸をうつとイヌクソをうったという。当たるとヤをしよったとか、ヤウケという。
ヤをしよって逃げるとハンヤといい、足をつないで追う。
血のことをノリといい、ノリをひいたなどという。

ネカダチというのは、寝ているのが犬に起こされて立つ瞬間をうつことである。

シシを倒すと藤づるをとり、沢に担ぎ出してすぐ腹をマケル。
ワタを早く出さないと腹にガスがたまりふくれてしまう。
シカの肉は生でも食べられるし、血も飲む。
シシはアクモノ食いだから煮ないと食えない。
シシはオカボをかんで、しるだけほきだしたりする。小麦も同様にして食べる。

タチというのは五、六寸もあるブタの腹のような色をしている内蔵の一部で
シシにはあるがシカにはない。人にもあるものだという。腸に付着しているものという。
これをとって「山の神」と唱えてヤブに投げる。
あるいは近くの石の上に供えたり枝にかける。
アミとかタオルといって油の網のようになっているのが内蔵を包んでいる。
それを取り出し、「アミをはれ」といってヤブなどにはる。
これは次の猟があるようにという呪術である。

ブッたものからは胃をもらうことがある。開いて干しあげる。
にがいもので腹いたによい。アミは食べられる。シカの方が内臓はうまい。
夏は禁猟だが、夏はシカは特にうまい。冬は餌がないのでまずい。
皮にまるい斑点のあるのは夏で、冬になるとメケル。

えものは仲間で分ける。犬は一人分で日数の延べ人員で分ける。
毛皮と肉は売り、内蔵だけは酒を買って仲間で飲む。

猟は一度はじめたらおもしろくてやめられない。
一口に「バクチ、バクロウ、野鉄砲」といい、やみつくものだという。

猟に行くもののおかみさんが妊娠していると当たっても逃げる。
そのかわり当たりだすと、むやみにとれる。月経の時は遠慮してセコにまわる。

シシよけの堀をホリキリという。そこを少し埋めて落とし穴などもつくる。
くねを結い一箇所入口を作って、入って餌につくと戸が落ちるしかけをシングネ
またはシシサクなどという。
人の匂いのするうちは入らない。古くなると入るようになる。

フセヅツとかオキヅツというのは、針金の輪に引っ掛かると、鉄砲の引きがねが
引けるようにしたものである。

 

 

まだつづく。( ' ч ' ) < 疲れてきた

『神奈川の民俗』相模民俗学会編 より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛甲郡の狩猟(神奈川県)

猟をするには、まず山のめぐり(周り)を見て、アシツト(足跡)を見切る。
山へ入ったアシツトと出たアシツトを数えて、入った方が多ければきっといる。
蹴爪の広いのはシシ(猪)で、狭いのはシカ(鹿)である。これで大きさもわかる。

シシはタカミ(高いところ)のススダケのあるようなところにいる。
山のホラ(洞?)にも登ってみる。ソネ(峰?)にも登ってみる。
ソネにはマシカのスジ(獣道)がある。追うとはじめはダラに逃げるが次第にスジにのる。

シシはオキに逃げるが、シカは爪や皮がワクので川くだりしたがる。
そのためシシは一日を追い、二日目も追わないと分配にあずからない。
シカは二日目を休んでも仲間に入れる。
二日追ってとれないと、もう追わない。

追うにはセコ(勢子)と犬がやる。拍子木やガンガラを叩いて追うこともある。
およそシシでもシカでもその性質により地形を見ればどちらへ逃げるか見当がつく。

獣類の通る道はスジという。スジの分岐点とか、次の山へ続くスジのあたりに
鉄砲を配っておく。そこをタツマ(立つ間)という。

シシは茂みをビシビシと音を立てて歩く。川でも泳がないで川底を歩きぬける。
シシは匂いに敏感だが、シカ、ウサギはそれほどでもない。

タツマまでくると、鉄砲ぶち(鉄砲撃ち)がかくれているので、すぐシシは感づき
前足の一方は前方に向け、一方は横に向けて警戒する。
それも一瞬、すばやく逃げてしまう。鉄砲ぶちはその一瞬をねらう。
音のするあたりに銃をつけて(狙って)いて、立ち上がるなと思った瞬間引き金を引く。
立ち上がってからではおそい。
立つ間(立ちあがる瞬間)をねらうので、タツマというのだとのことである。
前足の一方を前に、一方を横に立ち上がる姿勢は、前後左右どちらへでも
敏速に逃げる用意だそうである。

むろん心臓をねらう。肺だともいう。当たらないことをブッパグレという。
背の皮に当たることをナムクラ(鈍ら?)とかヤマクラという。
ヤマクラをやると一時はツッコロバル(目をまわす)がすぐにオッパシル。

 

つづく。( ' ч ' ) < ダラがなんなのかわからん

『神奈川の民俗』相模民俗学会編 より

| | コメント (0) | トラックバック (0)